整理整頓のコツ

断捨離関連の話題です。
今回は整理整頓のコツについてです。^^;


Q

整理整頓のコツ! 私に伝授してください!
掃除・整理整頓が下手で
困っています><

「だんしゃり(?)」
という本も整理整頓の
ヒントになりますか?

ご回答お待ちしてますm_ _m

A

片付けが下手な人は、ものがごちゃごちゃたくさんあります。
暇なときに片づけよう、と思うとあまりのものの多さにげんなりします。
それでも何とか分類して片づけようとしますが、ものが多いので最後まで気力が持ちません。

片づけ上手な友人に心当たりはあるでしょうか。
その人の部屋は、ものがごちゃごちゃしているでしょうか。
おそらく、ごちゃごちゃしていません。その人が必要なもの、好きなもの、ただそれだけしかないはずです。
そして、必要であればあるほど、好きであればあるほど、その人が手に取りやすい位置にあるはずです。
また、そういう人ほどおしゃれな人だと思います。流行にも強いでしょう。意外と勉強もできるかもしれません。

必要ないものは捨てましょう。必要ないものとは、買ったはいいけどさっぱりつかってないもの、本なら読んでいないもの、服なら着ていないものです。そういったものは処分することです。
捨てるのがもったいないと思うなら売ればいいです。本なら読みたくなった時にまた買えば済む話です。

断捨離とは、必要ないもの、使わないもの、好きでも何でもないものは捨てましょう、とお勧めしている本です。
もったいないと思って捨てられないものもあるかもしれません。ですが、置いておいたところで使わないので無駄です。
なので、捨てましょう。今捨てたものは私にとって無駄なもの、そう覚えておけば、次は買おうと思わなくなるので無駄が減ります。

必要ないものが大量にあるので初めは捨てるだけでも苦労すると思いますが、思い切ってやりましょう。
必要なもの、自分が気に入っていて手放したくないもの、好きなもの。それだけに囲まれた部屋をつくろうと考えましょう。

整理とは、あなたにとって必要なもの、好きなもの、使うものだけを残して後は捨てることを言います。
整頓とは、必要なもの順、好きなもの順、使うもの順に、あなたがすぐに手にとれるように配置することを言います。
これができれば、掃除はとても楽になるはずです。ストレスもかなり減ります。
いらないものを捨てれば、新しいものも入るようになります。つまり、流行に強くなります。

まあ、最初は整理だけを考えてください。日々を過ごす中で、これは使ってないなと思ったものはこの際思い切って捨てましょう。
それはあなたの日常を過ごす中でつけられた重りです。何か目的があって鍛えているわけでない限り、捨てた方が楽になります。
整頓は、整理さえできるようになればできるようになります。余裕ができれば工夫してみよう、と考えることもできます。
最初は捨てるだけでも大変だとは思いますが、頑張ってみてください。

ニュース

“シンプルライフ”に切り替えるコツ

家の中が散らかっていると、心がモヤモヤ、毎日イライラ。ものが溢れている家で暮らしていると、いつまでも心がすっきりしないままなのかも…そんなふうに最近、感じている女子もいるのでは? 

「心からすっきりした生活を送るには、“持たない暮らし”を始めるのがいちばんです」と、シンプル生活を提唱する金子由起子さん。でも、“持たない暮らし”とはいったいどんな暮らしなの? 

「もともと家の中にあるものが少なければ、整理整頓するのはカンタンですし、収納場所がない…と嘆く必要もありません。さらに、これ以上ものにかけるお金のムダも防げます」(同)

そうした生活を始めるためには、まずは今持っているものを整理、不要なものを処分することが必要とか。そのための整理整頓のコツは、次の3つ。


◆1年以上使ってないものは処分する

“安かったから買ってしまったけど使ってない”“今はもう使いたくない”“古くなってしまった”などの理由で使われていないものは、すぐに処分するのがおすすめ。もし、どうしても捨てにくいものがあるのなら、いったん、段ボールに一時置きをして。そして半年経ってもまだ使わないようなら、もう一生使わないものと判断しよう。

◆似たようなアイテムはどちらかを処分

家の中を見渡すと、マグカップや洋服など、似たようなアイテムが何個もあるということはない? そんなときは気に入っているものをひとつ残して、あとは処分しよう。また、同じようなアイテムがあるということは、もう一度買ってしまうかもしれない危険があるので、買わないリストとして覚えておいて。そうすることでムダ買いを防ぐことができる。

◆見ていて楽しくないものは処分する

美しくないもの、本当は好きではないものはなるべく生活の中から削除して。必ず使うものほど、好きな素材やデザインのものに、少しずつ差し替えていくように。好きなデザインが見つからないならいらないくらいのつもりで。少し時間はかかるけれど、次第に暮らしの満足度が上がっていくはず。

「こうして持ち物を整理していくと、自分が愛着を持っていないものが処分の対象になったのではないでしょうか。普段からすごく気に入ったもの以外は家の中に入れないように心掛けると、“持たない暮らし”を保つことができます」(同)

自分で選んだのではない景品や付録などは、なるべくもらわないようにするのもポイント。もしも入手してしまったら、その日のうちに処分を。また、ディスカウントショップのアイテムは便利だけれど、“どうしても持ちたい”ものでもないはず。長い間愛せるものだけを買うようにシフトして、心も部屋もすっきりの“持たない暮らし”をスタートして。【オズモール】

ADHDの片付け術。発達障害の当事者が伝授する誰でも使える整理整頓のコツ!【電子書籍】[ 詫磨一紫 ]ADHDの片付け術。発達障害の当事者が伝授する誰でも使える整理整頓のコツ!【電子書籍】[ 詫磨一紫 ] 【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】
323円

<断捨離の教科書とグッズ>