整理整頓術 部屋

断捨離関連の話題です。
今回は整理整頓術 部屋についてです。^^;


Q

女性から見て男性が洋服など「こんまり流の収納術」で整理整頓されているのは変で...
女性から見て男性が洋服など「こんまり流の収納術」で整理整頓されているのは変ですか?

A

別に変ではないですし、必要なものを見極められるのはよいことだと思いますが、生活のすべてが、部屋を片付けたり、インテリアしか興味がないのなら、さみしい気がします。また、異常に細かすぎるのはマイナスかもしれません。

身辺のことをある程度きちんとできるうえで、仕事や勉強をしっかりするなら素敵です。あくまで、ある程度です。

ニュース

夏帆、“捨て変態”役 『わたしのウチには、なんにもない。』ドラマ化

 女優の夏帆が、NHK・BSプレミアムのドラマ『わたしのウチには、なんにもない。』(2月6日スタート、毎週土曜 後10:30、全6回)に主演する。かつては“汚部屋”の住人であった30代の著者が、「モノを捨てたい!」衝動にかられ、「なんにもないウチ」を手にするまでを描いた同名コミックエッセイシリーズ(KADOKAWA)をドラマ化。夏帆は“捨て変態”こと、原作者である、ゆるりまい役を演じる。

原作のコミックエッセイは既刊4巻

 まいは、極度の“捨てたい病”にかかり、山ほどあった本も思い出のつまった品々も、家具も食器も、服もタオルも、生活に必要な最小限度のモノ以外は処分してしまう。リモコンや小物はすべて棚の中。がらんと広い何もない部屋を訪れた友人は絶句。体調不良になる人も!?

 友人から「捨て変態」と呼ばれようと、捨てることの気持ちよさに目覚めたまいは、“捨て”の道を極めることに。しかし、“捨て”の道はいばら道。なんでも「もったいない」と捨てたがらない母(朝加真由美)や祖母(江波杏子)との確執。捨てる一方で物欲は強い自分との闘い。仏様のように心の広い夫・つとむくん(近藤公園)とのエピソードなどと共に、東日本大震災、そして家族との別れを経て、まいは、モノと暮らしを見つめ直していく。役立つ整理整頓術のミニコーナーもある。

ADHDの片付け術。発達障害の当事者が伝授する誰でも使える整理整頓のコツ!【電子書籍】[ 詫磨一紫 ]ADHDの片付け術。発達障害の当事者が伝授する誰でも使える整理整頓のコツ!【電子書籍】[ 詫磨一紫 ] 【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】
323円

<断捨離の教科書とグッズ>