整理整頓術 シンプル

断捨離関連の話題です。
今回は整理整頓術 シンプルについてです。^^;


Q

散らかし癖、直せた方いますか?
使ったものを元の場所に戻したり、散らからないように生活するのが、苦手です。家をきれーいに片づけても、また散らかします。また片づけて、散らかして。綺麗なまま生活できていません。使ったら元に戻す、ごみをそのままにしない、分かってるんですけど、まあできてないから、散らかします。幸い一人暮らしなので、今はだれにも迷惑をかけてないんですけど…

質問は、こういう性格?性質?を、すっかり直せた方いらっしゃいますか?

A

整理整頓が苦手な方に多いのが、収納に対して物を持ち過ぎという方がいらっしゃると思います。

収納を増やしたり、片付けるコツよりも、まずは物を減らす事が大事だと思います。

私自身、片付けが得意という訳ではなかったので、物に支配される生活に疲れてしまい、物を持たないシンプルな生活で心豊かに暮らしています。

一時期流行った断捨離という言葉ですが、まずは物を入ってくる事を断つ事が大事です。無料のもの(テッシュ、買い物袋など)は貰わない、必要なものはお金を出して必要最低限ものを買う。ストックは最高1つまで。無くなったら買うを心掛けるだけで、シンプルな暮らしが望めます。

次に、物を持たない。厳選されたお気に入りものの中で生活する事を心掛ける。必要最低限ものを選ぶ基準として、使えるかどうかではなく「今の自分にとって必要かどうか」を基準に考えていきます。それ以外のものは、思い切って処分するのがよいでしょう。

整理整頓術をいくら身に付けたとしても、収納に対して物が多過ぎると、右から左に物が移動しているだけにしか過ぎず、散らかるのは時間の問題です。やはり、物自体の量を減らす事がシンプルに生活出来るコツだと言えると思います。

思い出の品で捨てれないものは無理に捨てる必要はありません。きっと、人にとってはガラクタに思えるような品でも、あなたにとっては、心ときめく大切なものなのです。ある程度、処分出来る気持ちになれば、思い出の品を写真に残すなど、違った形で残しお別れを言うのがいいかも知れません。

綺麗に片付いた部屋の写真を撮る事もお勧めです。綺麗に片付いた部屋は気持ちの良いもので、その光景が当たり前に思えるようになれば、散らかった部屋が落ち着かないといったようになると思います。写真を目に焼き付けておけば、散らからないように意識して生活出来るのではないかと思います。

あと、すぐに散らかってしまわないコツとしては、一気にやらない事だと思います。1日10分だけ片付けるなど、自分に合ったやり方を見付け、毎日少しづつでも片付ける習慣を身に付けるといいのではないかと思います。

物への執着を断つと楽に生活が出来ると思います。心のデトックスと思って取り組んでみられては如何でしょうか。

ADHDの片付け術。発達障害の当事者が伝授する誰でも使える整理整頓のコツ!【電子書籍】[ 詫磨一紫 ]ADHDの片付け術。発達障害の当事者が伝授する誰でも使える整理整頓のコツ!【電子書籍】[ 詫磨一紫 ] 【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】
323円

<断捨離の教科書とグッズ>